アラサー男のダイエット方法

糖質制限はやめるとリバウンドする。食事制限ではなく「改善」が必要

糖質制限ってリバンドしないの?

一生続けなきゃダメ?

自身の経験から、極端な糖質制限や食事制限でいきなり痩せるとかならずリバウンドします。

「極端」な糖質制限、食事制限をすると、体が飢餓状態になり脂肪を蓄えやすくなることが原因と言われたりしていますが、重要なのは理由ではなくリバウンドするという事実。

そうなると、痩せた体型をキープするためには糖質制限を一生続けなければいけないのか?という疑問が浮かびますが、一生続ける気にはなりませんよね。

でもご安心ください!対処する方法がありました!

大切なのは食事を「制限」することではなく「改善」することだったのです。

糖質制限後のリバウンドの記録

まず、私のリバウンド歴をご紹介しますね。

悲しい画像をご覧ください。

  • 身長171cm
  • ダイエット成功後:63kg
  • リバウンド後:68kg

 

ダイエット後リバウンド後比較画像

今まで極端な糖質制限、食事制限ダイエットは2度おこないました。

  • 1度目:2ヶ月で-8kgを達成するも、3年後には+14kg
  • 2度目:3ヶ月で-12kgを達成するも、8ヶ月後に+5kg(今現在)

極端に痩せるのは得意なようです。

リバウンドするのも得意ですが。

1度目はダイエットをやめてから徐々に食べる量が戻っていき、禁煙をきっかけに暴飲暴食をするようになり一気に太りました。

2度目は-12kg痩せて少し経ってから運動はほとんどしていないものの、食事はそれなりに気をつけている状態でリバウンドしています。

今の食生活
  • 炭水化物(米)は基本的に朝だけで、週に2.3回くらいは昼か夜にも食べる
  • 間食は基本我慢してるけどたまにナッツ系、低糖質チョコに手を出す

こんな感じでたまに食べるランチの米やラーメンも以前のように大盛りにすることはありませんし、夜ご飯が大好物のカレーでもおかわりは我慢しています。(基本的に夜はおかずのみで米なし)

それでも太っていくので、これはダイエットのやり方がいけなかったのだと思い知りました。

取り入れたのは食事の「制限」ではなく「改善」

客観的に見ても今の自分の食べている量は決して多くありません。

数ヶ月だけ我慢することはできますが、一生続けるとなると厳しいです。

正直、食べたいものを食べられないのであれば、生きている意味がだいぶ減ります。

そんな時に知ったのが制限することではなく改善すること、食べる順番や食べ合わせを改善する方法でした。

低GI食品を中心に取り入れる

急激に炭水化物などを取り入れると、体内でインスリンが分泌されて糖を溜め込み太りやすくなります。

簡単に説明すると、GI値が高い食品をいきなり食べると太りやすくなります。

仕組みを詳しく知りたい方は、以下のサイトが分かりやすいです。

参考 食べても太らない法則〜GI値ってナンだ?元気通信

それを予防するためにGI値が低い食品、低GIと呼ばれる食品を中心に取り入れましょう。

炭水化物 玄米/そば/春雨 うどん/パスタ 米/パン
お菓子・デザート ナッツ/ヨーグルト/いちご プリン/アイス/バナナ チョコ/せんべい
野菜 葉物/きのこ類 さつまいも にんじん/じゃがいも

食べる順番も大切

低GI食品を中心に食べよう、とはいえ高GI食品も食べたいです。

そんな時は食べる順番に気をつけましょう。

低GI食品から食べることで、急激な血糖値の上昇を防げます。

先ほども書きましたが、急激に血糖値が上がるとインスリンが過剰に分泌されて太る原因になるので、低GI食品から食べていくようにすると良いですよ。

また、いきなり食べると血糖値が急激に上がりやすくなるのでゆっくり食べることも大切です。

そのため食事の時は

  1. サラダなどの低GI食品から
  2. ゆっくり食べていき
  3. 最後に高GI食品を食べましょう

テレビなどでもよく取り上げられている方法ですが、身体の仕組みからしても効果のある方法です。

食事の量や糖質を制限するよりも簡単なので、ぜひ気にして試してみてくださいね。

正しい方法でリバウンドしないダイエットを

いくら痩せてもリバウンドしてしまっては、痩せるためにした苦労や努力が全てなかったことになってしまいます。

それどころか、ダイエット前よりも太った日には目も当てられませんよね。

痩せるために食事を制限してたのにさらに太るとかショックすぎますが、十分に起こりえることです。

そうならないためにも、食事は制限するのではなく改善することを心がけてください。

くれぐれも私のように失敗を2度も繰り返さないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です