アラサー男のダイエット方法

【レビュー】A3カラーコピー対応のプリンターはブラザーのMFC-J6983CDWがオススメ!

プリンターアイキャッチ

A3カラーをプリントしたい

コピーもしたい

印刷のスピードが遅いのは嫌だ

そんなプリンターをお探しなら、brother社から発売されている業務用と家庭用の中間くらいの用途の「プリビオ MFC-J6983CDW」がオススメ!

15万回の印刷に耐える高耐久性をもった本製品は、アマゾンで4万円を切って購入できてコスパがかなり良かったのでレビューしていきます。

MEMO
MFC-J6983CDWはプリビオの新作として2019年に3機種発売されたなかの最上位モデルです。

プリビオ MFC-J6983CDWのスペック

ビジネスインクジェット複合機
印刷スピード A4モノクロ22枚/分
A4カラー20枚/分
ランニングコスト A4モノクロ約1.3円
A4カラー約6.0円
搭載機能 自動両面プリント(A3まで対応)、両面同時スキャン(A3まで対応)、ADF、ファクス、有線&無線LAN、最大給紙枚数600枚
本体サイズ 575(W)×477(D)×375(H)mm
約23.4kg

他メーカーのA3カラーコピー対応の複合機と比べると以下のレベルです。

  • 印刷スピード:なかなか速い
  • 印刷コスト:安い

まぁまぁといったところですが、本製品は他メーカーの同スペックの機種よりも本体価格が安いので、コスパが非常に良いです。

今回はEPSONの同価格帯のプリンターから買い換えましたが、印刷の品質も気になることはなくむしろ綺麗に感じます。(数年前の機種なので当たり前かもしれませんが)

以下、写真をA4サイズでプリントアウトした紙と元の写真の比較です。

A3カラーレーザープリンター金額一覧

元の写真

プリビオ写真出力後

写真を出力

紙に印刷しているので写真のようには見えませんが、個人的には十分に綺麗なレベルです。

プリビオMFC-J6583CDWとの違い

こちらはプリビオシリーズの中位モデルになります。

MFC-J6983CDWとの違いは以下です。

  • 給紙トレイの数
  • ADF原稿自動送り装置の性能(スキャンの性能)
  • 本体の高さ

常にいくつかのサイズを印刷する場合は、手差しトレイに紙をセットしておく必要があります。(手差しトレイは100枚まで設置可能)

スキャンの方法に違いがあるので、両面スキャンする時のスピードが遅いです。

給紙トレイが1段少ないため、305mmと70mmほど低くなっています。

印刷スピードや印刷コストなどの性能はMFC-J6983CDWと同じです。

MEMO
給紙トレイと両面スキャンが問題なければこちらの方が安いのでオススメ

プリビオMFC-J5630CDWとの違い

こちらが下位機種になります。

MFC-J6983CDWとの違いは以下です。

  • 給紙トレイの数
  • スキャンの対応サイズがA4まで
  • サイズが小さい(530×398×304mm)

中位機種のMFC-J6583CDWと同じで給紙トレイの数が一つです。

また、コピーとプリントアウトはA3まで対応していますが、スキャンはA4までになります。

本体のサイズが3機種の中でいちばん小さいのはメリットですね。

印刷スピードや印刷コストは同じです。

MEMO
給紙トレイとスキャンに問題なければ本体価格はいちばん安いが、MFC-J6583CDWとの価格差は小さいため中位モデルの方が良いかもしれない。

プリビオ MFC-J6983CDWのデメリット

次に本製品のデメリットとなる部分を紹介していきます。

サイズが大きい

公式の製品紹介では奥行きが477mmとなっていますが、プリントアウトをした時の受け皿(通常は閉じれる部分)の面積が入っていません。

これを伸ばすと+215mmになるので、プリンターを使用する際は奥行きがおよそ700mm、70cmほどのスペースが必要になりますのでご注意くださいね。

受け皿飛び出し

プリビオ実際の寸法

あと、給紙トレイにA3用紙をセットするとつねに本体よりも飛び出します。

a3用紙セット給紙トレイ飛び出す

他のメーカーのスペックが同じくらいの機種と見比べても本製品が特に大きいわけではありませんが、それなりのスペースが必要になるので購入前に置く場所を確認してくださいね。

プリビオ MFC-J6983CDWのメリット

続いて、使っていて良かった点をご紹介します。

iPhoneやiPadからすぐにプリントできる「Air Print」が便利!

無線LANでつないでいる場合、iPhoneやiPadから簡単にプリントアウトができます!

airprint印刷手順1
airprint印刷手順2
airprint印刷手順3

今までスマホでnetやメールを見ている時に「そのまま印刷できたらなぁ」と思うことが多かったので、非常に助かってます。

むしろ今までいちいちパソコンを開いてプリントアウトしていた時間がもったいなく感じます。

MEMO
Air PrintはApple社が提供するサービスなのでios端末以外使えませんが、専用のアプリをインストールすることでAndroid端末でも直接プリントアウトすることが可能です。

佐川急便やクロネコヤマトの送り状が簡単に作れる!

佐川大和送り状

パソコンで文字などを打ち込めるので、手で書く必要がなくなります。

荷物の発送をすることが多い人には良い機能です。

初期設定が簡単

初期設定はとても簡単です。

難しいポイントはなく、本体液晶とパソコン画面にでてくる案内に沿って設定していけばすぐに終わります。

設定アシスタント手順1
設定アシスタント手順2
注意事項
Wi-Fiをルーターにして接続するときに上手くいかない場合、「プライバシーセパレータ」という機能をOFFにしてみてください。やり方は「お使いの機種名+プライバシーセパレータ」で検索すれば分かると思います。私はこれがonになっていて、本体が認識されなかったです。

A3カラーコピー対応のお手軽に買えるレーザープリンターは無い

ご紹介している製品はインクジェットプリンタですが印刷のスピードを求めるのあればレーザープリンターの方が速いです。

私もスピードが速い方が良かったのでレーザープリンターを探していたのですが、NETで探したところ見つかりませんでした。

大手家電量販店へいき聞いてみたのですが、A3カラーコピー対応のレーザープリンターはオフィスに置いてあるような大型の複合機しかなく、家電量販店では売っていないとのことでした。

そんなに大きい物は必要ないのでレーザープリンターは諦めましたが、コピー機能さえなければA3カラー対応のレーザープリンターもあります。

ちょっと(?)高いですけどね。

A3カラーレーザープリンター金額一覧

created by Rinker
キヤノン
¥66,000 (2019/10/21 04:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス用と家庭用の中間くらいの複合機はプリビオ MFC-J6983CDWがオススメ

  • スペックに対して本体が安い
  • 印刷コストも安い

ビジネス用と家庭用と中間くらいの性能のプリンターやコピー機をお探しならプリビオ MFC-J6983CDWはオススメです。

価格良し、印刷スピード良し、コスパ良しと3拍子揃っているので!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です